Excelを使用する上で役に立つ、またよく使うショートカットキーを紹介します。

Excelショートカットキー

太字の書式の設定と解除を切り替えるCtrl + B
[検索と置換] ダイアログ ボックスの [検索] タブを表示Ctrl + F
[検索と置換] ダイアログ ボックスの [置換] タブを表示Ctrl + H
斜体の書式の設定と解除を切り替えCtrl + I
Microsoft Office Backstage ビュー の [印刷] タブを表示Ctrl + P
現在のファイルを上書き保存Ctrl + S
下線の設定と解除を切り替えCtrl + U
ブック内で次のシートに移動Ctrl + PageDown
ブック内で前のシートに移動Ctrl + PageUp
次のブックに切り替えCtrl + Tab
前のブックに切り替えCtrl + Shift + Tab
現在の日付を入力Ctrl + セミコロン (;)

私はExcelのショートカットキーは多すぎて覚えられません(笑)
ただ、よく使う機能や、時間のかかる操作について覚えておくと作業時間が短縮されます。

SEの仕事をしていて、よく使っていたショートカットキーが上記になります。
特にブック内でのシート移動「Ctrl + PageDown」「Ctrl + PageUp」や、複数のブックを開いている場合のブック切り替え「Ctrl + Tab 」「Ctrl + Shift + Tab」は重宝します。

ブックの切り替えはWindowsのショートカットキー「Alt + Tab」を使用してもいいのですが、他のアプリケーションも対象になってしまうのでExcelのブックだけを対象に変えるのであれば「Ctrl + Tab 」「Ctrl + Shift + Tab」が便利です。

また、仕事で書類を作成する場合に作成日を入れることが多いと思います。
普通に記入すると「2015/05/12」と入れるのにキーを10回叩かないといけませんが「Ctrl + セミコロン (;)」で記入できるので効率的です。
「Ctrl + コロン (:)」で現在日時が記入できたりもします。

人によってよく使う機能は異なると思うので自分がよく使う機能についてショートカットキーを調べてみると更に作業が効率化できるかもしれません。

Microsoftのホームページにショートカットキーが一覧化されておりいろいろあって面白いので一度全てに目を通してみてはどうでしょうか。