Office

Excel保存時の注意

Excelファイルは開くと、保存した時のカーソル位置から開かれます。

作業途中であったりすれば問題ないのですが、納品する書類や多人数で閲覧する資料に関しては、保存時にカーソル位置を気にしたほうが良いと思います。

基本的には左上の「A1」セルに合わせてから保存。

私は、Excelファイルを保存する場合は右端のシートをアクティブにしてから、「Ctrl+Home」「Ctrl+PageUp」を交互に連打して左端のシートにたどり着いてから保存します。

こうすれば、すべてのシートのアクティブセルが「A1」になります。

Officeファイルの比較

Officeファイル(WordとかExcelとか)の比較で以前のバージョンと最新とでどこが違うのか確認したい場合があります。

2つのファイルの比較をする場合、横に並べて見比べる方法を取ることが多いと思いますが、中身がほとんど同じ内容の場合、見つけにくかったりします。

その場合の目視でのおすすめ比較方法を紹介します。

Officeファイルの比較

  1. 比較したいファイルを同時に開き、2つを重ねて表示する。
  2. ウィンドウサイズを合わせる。
  3. スクロールバーの位置を合わせ、「Ctrl+Tab」を連打する。

原始的な方法ですが、意外と使えます。

Excelを複数のウィンドウで開く

Excel2007までのExcelではファイルを何個かダブルクリックで開くと、すべて同じウィンドウで開かれます。

別のウィンドウで開きたい場合は以下の方法で可能です。

  1. タスクバーに記載されているExcelのアイコンを右クリックしてExcelを選ぶ。
  2. タスクバーに記載されているExcelのアイコン上でマウスのホイール(中ボタン)をクリック。
  3. ダブルクリックでファイルを開くと、全て最初のウィンドウ側で開くのでExcelウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップか、[開く]から対象ファイルを選択する。

普通に使う分には別ウィンドウで開いたりすることはないかもしれませんが、私は、新旧ファイルを「Ctrl + Tab」で交互に切り替えながら修正箇所を見比べる時に使ったりします。

「Ctrl + Tab」は同ウィンドウの中のブックファイルを切り替えるので交互に確認したい場合は2つのファイルだけを開く必要があります。

今開いているファイルを閉じずに確認したい時に便利です。

Excel/Wordの[読み取り専用で開く]を簡単に

設定した[読み取り専用で開く]が消えるで右クリックメニューから[読み取り専用で開く]が消える理由を説明しましたが、消えるたびにレジストリを変更するのは面倒です。

そこで、レジストリ変更をすばやく実施する方法を紹介します。

「reg」という拡張子で保存しておけばいちいちレジストリエディタをひらかなくてもファイルをダブルクリックすることで修正内容を反映させることができます。

以下の内容を「[任意のファイル名].reg」で保存しておけば手軽に反映できます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Word.Document.8\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く"
"Extended"=-

[HKEY_CLASSES_ROOT\Word.Document.8\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[AppShow][REM _DDE_ReadWriteOnSave][FileOpen .Name=\"%1\",.Revert=0,.ReadOnly=1]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Word.Document.12\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く"
"Extended"=-

[HKEY_CLASSES_ROOT\Word.Document.12\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[AppShow][REM _DDE_ReadWriteOnSave][FileOpen .Name=\"%1\",.Revert=0,.ReadOnly=1]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く"
"Extended"=-

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[open(\"%1\",,1,,,,,,,,,,,,1,,1)]"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly]
@="読み取り専用で開く"
"Extended"=-

[HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.12\shell\OpenAsReadOnly\ddeexec]
@="[open(\"%1\",,1,,,,,,,,,,,,1,,1)]"

ただし、これもレジストリを操作することにはかわりないので自己責任でお願いします。

自PCで実行し、問題ないことは確認済です。


設定した[読み取り専用で開く]が消える

Excelファイルを読み取り専用で開くWordファイルを読み取り専用で開くでそれぞれのファイルを読み取り専用で開く方法を紹介しましたが、右クリックしても「読み取り専用で開く」がメニューから消えていることがあります。

Windows UpdateでOffice関連の更新があった場合、レジストリが修正されて元に戻ることがあるようです。

急にメニューから消えていたら直近でWindows UpdateでOffice関連の更新がなかったか確認して下さい。

その場合、再度レジストリ修正を実施する必要があります。
プロフィール
はじめましてSEをやっているsyoと言います。

ブログでは仕事をしている上で、見つけた便利な小技や、ツール等を紹介したいと思います。

アニオタなのでアニメに関することも
書いているかもしれませんが・・・。
お問い合せ
プライバシーポリシー
記事検索