コマンドプロンプトやPowerShellを呼び出す時は、「ファイル名をして指定して実行」やアプリを直接開くことが多いのではないかと思います。操作するフォルダを指定する場合は、開いてから「cd」コマンドで移動するのではないでしょうか。実は、直接操作するフォルダで呼び出す方法があるので紹介したいと思います。

アプリからコマンドプロンプトまたはPowerShellを呼び出す

最初は通常の開き方の紹介です。

コマンドプロンプトを開く

  1. ショートカットキー「Windowsキー+R」で「ファイル名を指定して実行」を開く。
  2. 「ファイル名を指定して実行」画面の[名前]に「cmd」と入力し、[OK]をクリックする。

PowerShellを開く

  1. ショートカットキー「Windowsキー+R」で「ファイル名を指定して実行」を開く。
  2. 「ファイル名を指定して実行」画面の[名前]に「powershell」と入力し、[OK]をクリックする。

Windows10の場合は下記でも開けます。

  1. 「Windows」ロゴを右クリックする。
  2. 「Windows PowerShell」をクリックする。

フォルダから直接コマンドプロンプトまたはPowerShellを呼び出す

操作したいフォルダから直接コマンドプロンプトやPowerShellを呼び出すのは簡単です。
  1. 操作したいフォルダをエクスプローラーで開く
  2. アドレスバーを選択する
  3. アドレスバーにコマンドプロンプトであれば[cmd]、PowerShellであれば[powershell]と入力し、[Enter]キーを押下する

フォルダ画像