口腔内の汚れ落としにはプロポリンスがおすすめ

口腔内の汚れや口臭はタンパク質が原因の1つです。

歯磨きだけでは落としきれない、そんなタンパク質汚れを落とすにはマウスウォッシュの1つであるプロポリンスがおすすめです。

スポンサーリンク

口腔ケアの重要性

どれだけ丁寧に歯磨きを実施しても、歯と歯や歯と歯茎の間などどうしても取り切れない汚れがあります。

口腔ケアを怠り、口の中の汚れを放置すると、細菌が繁殖し、虫歯や歯周病の原因となるだけでなく、口臭にも影響します。

また、免疫力が低下していると、口腔内の感染症や、傷から血管内に細菌が入ることにより、全身の感染症にも発展します。

プロポリンスについて

プロポリンスは口臭の原因を固めて洗い流すマウスウォッシュです。

プロポリンスを使用することによって口腔内に残っている汚れや食べかすをしっかり洗い流すことができます。

汚れを落とす仕組み

プロポリンスは口腔内の汚れ(タンパク質)を、配合成分のチャ葉エキスに含まれるカテキンが結合して固めて出すことで効果的に汚れを落とすことができます。

プロポリンスの配合成分

汚れ(タンパク質)を固めて出すチャ葉エキスだけでなく、天然の抗菌成分であるプロポリスエキスや、歯を美しくするリンゴ酸、口の中を虫歯になりにくい状態にするキシリトールなど口腔内を健康に保つ成分がたっぷり配合されています。

プロポリンスを使った感想

プロポリンスを初めて使ったときは、固まった汚れがたくさん出てきてびっくりしました。

実際に目で見て汚れが出ているのがわかることや、歯の表面もツルツルしていて、プロポリンスを使用した後に効果を実感できるところがおすすめの理由です。

しかし、口の中の状態によって汚れの出てくる量は違います。時には全く汚れが出てこないこともあるのでご注意ください。

口の中の汚れが気になる人は使ってみてはどうでしょうか。

虫歯や歯周病の原因菌に対処したい場合は、ポイックウォーターもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました