Windowsでファイル分割とファイル結合を実施する方法

仕事で使用するようなWEBメールではファイル送信にサイズ上限があることが多いです。しかし、サイズ上限よりも大きいサイズのファイルを送りたいということも多々あります。

そういう場合は、ファイルを分割すれば問題ありません。

7-Zip等のツールを使えば問題なく分割できますが、仕事で使用するPCにはツールのインストールに制限がかかっている場合があります。

ツールが使えないのであれば、Windowsの標準環境でどうにかファイル分割する必要があります。

スポンサーリンク

Windows標準環境でファイル分割とファイル結合

Windowsの標準環境でそんな複雑そうなことができるのか?と思うかもしれませんが、「makecab」というコマンドを使用することでファイル分割を実施することができます。

ファイル結合に関しては、エクスプローラーを使用することで簡単に実施できます。

Linuxでもファイル分割とファイル結合ができます。気になる方は、以下の記事をご覧ください。

ファイル分割方法

「makecab」コマンドはWindows標準環境についている圧縮ツールです。他の圧縮ツールで実行可能な分割を同じように実施できます。

「makecab」コマンドの使用方法

「makecab」コマンドは、コマンドプロンプトPowerShell上で以下のように入力し実行することで簡単な使用方法を確認することができます。

makecab

「makecab」コマンドには2種類の使用方法があり、1つは圧縮元ファイルと圧縮先ファイルを指定して実行する方法で、もう1つは設定ファイルを使用した方法になります。

ファイル分割には設定ファイルを使用した方法で実行するのが簡単です。

「makecab」コマンド用の設定ファイル作成

分割するファイルに適した設定ファイルを作成します。以下を参考に設定ファイルを作成してください。

設定ファイル(split.ddf)

; ddf ファイル内では「;」でコメントになる
; 分割後の名前。* に連番が入る。* が入っていないとファイルが上書きされるため注意
.Set CabinetNameTemplate=[分割後ファイル名を指定]*.cab
; cabファイルを配置するフォルダ名 ※指定していない場合はカレントフォルダに配置される
.Set DiskDirectoryTemplate=[cabファイルを配置するフォルダ名]
; 分割後の1ファイルのサイズ(byte単位) ※512の倍数である必要あり 102400は100Kbyte
.Set MaxDiskSize=102400
; on にしないと分割されない
.Set Cabinet=on
; 圧縮する場合は「on」しない場合は「off」にする
.Set Compress=on
;CAB形式のインストールファイル名。不要であればNULに設定
.Set InfFileName=NUL
;MakeCabコマンドの実行結果のファイル名。不要であればNULに設定
.Set RptFileName=NUL
; 分割対象のファイル名。ここではSplitFile.txtを分割対象に指定。ファイルのパスはどこでも可。
"C:\Users\[ユーザ名]\Documents\SplitFile.txt"

※ 先頭が「;」で始まるコメント部分は書かなくても問題ありません。

記述例)

  • 分割ファイル名「splitfile*.txt」
  • 分割ファイル配置フォルダー「デスクトップ上のDemoフォルダー」
  • 分割サイズ「100KByte」
  • 分割「有り」
  • 圧縮「有り」
  • インストールファイル名「不要」
  • 実行結果「不要」
  • 分割対象ファイル「Demoフォルダー配下の「SplitFile.txt」」
.Set CabinetNameTemplate=splitfile*.cab
.Set DiskDirectoryTemplate="C:\Users\Demo\Desktop\Demo"
.Set MaxDiskSize=102400
.Set Cabinet=on
.Set Compress=on
.Set InfFileName=NUL
.Set RptFileName=NUL
"C:\Users\Demo\Desktop\Demo\SplitFile.txt"

フォルダーのパスは空白が含まれていることがあるので"(ダブルクォーテーション)で括っておいた方が良いと思います。

「makecab」コマンドでファイル分割

設定ファイルの作成ができたら、コマンドプロンプトやPowerShellで設定ファイルを配置したフォルダーに移動し、以下の様に実行します。

makecab /f split.ddf

設定ファイルをフルパスで指定でも構いません。

頻繁にファイル分割を実施する場合は、以下の記事でバッチファイルを使用する方法も紹介しているので参考にしてください。

セキュリティの問題で、コマンドプロンプト・PowerShellが制限されて使えない環境の場合でも、バッチファイル経由であれば使用できる可能性があるので試してみることをおすすめします。

ファイル結合方法

分割後のファイルは圧縮ファイルのため、普段使用している解凍ツールで末尾に「1」がついたファイルを解凍すれば結合されたファイルができますが、解凍ツールを使用せずに、エクスプローラーでそのまま開くことも可能です。

エクスプローラーで「cabファイル」のファイル結合

末尾に「1」がついたファイルを右クリックし表示されたメニューから[プログラムから開く]-[エクスプローラー]をクリックします。

ファイル結合対象の右クリックメニューの画像

結合後のファイルが表示されるため、ファイルを右クリックして[展開]をクリックします。

ファイル結合対象の展開の画像

「展開先の選択」画面が表示されるため、任意のフォルダーを選択して[展開]をクリックします。

「展開先の選択」画面の画像

または、結合後のファイルを任意のフォルダーへドラッグ&ドロップでも展開可能です。

ファイル結合対象の展開からドラッグ&ドロップする画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました