暇つぶしには「小説家になろう」がおすすめ

今回はちょっとした暇つぶしに最適な「小説家になろう」というサイトを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「小説家になろう」とは?

そもそも、皆さん「小説家になろう」を知っていますか?

「小説家になろう」は日本最大級の小説投稿サイトです。日本最大級ってどのくらいなのかというと

  • 小説掲載数
    668,828作品
  • 登録者数
    1,600,492人

(2019年7月24日現在)

の巨大サイトです。

最近は「小説家になろう」 発信の話が書籍化されたり、アニメ化されたりでご存じの方も多いと思います。

なろう系小説の特徴

「小説家になろう」に掲載されている小説は「なろう系小説」と呼ばれます。

誰でも投稿できるため、投稿される作品は、作者が好んだり、人気の模倣等で似通った設定や展開のいわゆるテンプレと呼ばれるものが形成されています。

主なテンプレや流行りをあげていくと

  • 小説名がやたらと長く作品名で内容がわかる
  • 主人公が異世界に転生または転移する(異世界転生/異世界転移)
  • 主人公が努力せずに圧倒的な力を得る(チート)
  • 主人公が複数の美少女に好かれる(ハーレム)
  • ありふれている力や知識で大成功をおさめる
  • 虐げられていた主人公が一発逆転(ざまぁ)
  • ゲームの中でないのにステータスがある
  • 現在の視覚聴覚のみのVRではなく五感すべてで没入するVRで実施するゲーム(VRゲーム)

他にもいろいろありますが、今のところこんなものじゃないかと思います。

もちろん、これが全てではなく全く違うジャンルの小説も多くあります。

暇つぶしにおすすめの理由

そもそも、なぜ暇つぶしにおすすめなのか理由をあげていきたいと思います。

無料で読める

まず、何といっても約67万という膨大な数の小説が無料で読めます。これだけの量の本を買うことを思ったら圧倒的にお得です。

もちろん、ほとんどが素人の作品で商業の本とは比べ物にならないレベルのものも多いです。しかし、良質な作品もしっかり存在しています。

手軽に読める

何といっても、Webサイトのためスマホで手軽に読めます。また、どんなに長い作品でも話数で分かれているため、ちょっとした空き時間でこの話だけ読むということができます。

サイトはユーザ登録をしなくても利用できますが、登録しておけば好きな作品をブックマークすることができ、作品ごとにしおりも挟めるため、次はここから読むということが簡単にできます。

連載されている作品であれば、更新チェックもできます。

好みの作品を探す楽しみ

これだけの作品の数があるため、ほぼ間違いなく好みの設定で好みの展開の小説があります。

約67万もの数の中から自分好みの作品を見つけ、またそれが読めるレベルのものかというととても低い確率です。

ただ、それを見つけ出せた時はとても大きな達成感と喜びが得られます。

作者と作品の成長が感じられる

最初はひどい文章で読むのをやめようかと思っても、好きな設定だからということで読んでいると、どんどん文章力が上がっていき作者の努力と成長が感じられます。

感想を記載したり、誤字報告もできるため、自分が作者や作品の成長に助けになることもできます。

また、「小説家になろう」はメディアミックスが盛んなため、書籍化、アニメ化と商業展開され、中には大ヒットするものもあります。私が読んでいる作品も連載中に書籍化が決まったものが何個もあります。

自分の好きな作品が世間に認められるのは嬉しいですよね。

ランキングを見ることで流行りがわかる

「小説家になろう」ではジャンル別のランキングが見れるようになっているため、今の人気の作品が一発で分かります。

160万ものユーザが選ぶ上位の作品なので、やはり面白いものが多く、好まれることがわかっているので書籍化されることが多いです。

いち早く流行りの小説を知りたいのであればランキングを要チェックです。

まとめ

あまり本は読まないという人でも、1話ずつ読むことができるので敷居は低いですし、特にテンプレやご都合主義が好きという人にはドはまりすると思います。

私は、もうすぐ「小説家になろう」を利用して10年近くになりますが、ほぼ毎日利用しています。私の場合は暇つぶしというよりもう趣味になっており、暇な時にも読みますが、先が気になりすぎて睡眠時間を削って読んでしまうこともあります(笑)

もし好きな小説が見つからなかったら、自分が投稿者側になってしまっても良いと思います。

今回は、暇つぶしに最適なものとして「小説家になろう」を紹介しました。少しでも気になった人は、ぜひ利用してみてください。

小説家になろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました