コマンドプロンプトやPowerShellを目的のフォルダーをカレントにして1発で開く方法

コマンドプロンプトPowerShellを呼び出す時は「ファイル名をして指定して実行」やアプリを直接開くことが多いのではないかと思います。

操作するフォルダーを指定する場合は、開いてから「cd」コマンドで移動するのではないでしょうか。

「cd」コマンドを使用することは問題ないのですが、フォルダーまでのパスが長かったり、日本語が混じっていたりすると面倒なことがあります。

実は、目的のフォルダーをカレントにして1発で開く方法があるので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アプリからコマンドプロンプトまたはPowerShellを呼び出す

最初は知らない人もいるかもしれないため、通常のコマンドプロンプト、PowerShellの簡単な開き方を紹介します。

コマンドプロンプトを開く

  1. ショートカットキーの[Windows]キー + [R]キーで「ファイル名を指定して実行」を開く。
  2. 「ファイル名を指定して実行」画面の「名前」に「cmd」と入力し、[OK]をクリックする。

PowerShellを開く

  1. ショートカットキーの[Windows]キー + [R]キーで「ファイル名を指定して実行」を開く。
  2. 「ファイル名を指定して実行」画面の[名前]に「powershell」と入力し[OK]をクリックする。

Windows10の場合は以下の方法でも開けます。

  1. 「Windows」ロゴを右クリックする。
  2. 「Windows PowerShell」をクリックする。

フォルダから直接コマンドプロンプトまたはPowerShellを呼び出す

前述の方法ではログインユーザーのフォルダーである「C:\Users\[ログインユーザー名]」で開きます。

ここから「cd」コマンドで目的のフォルダーに移動すると思います。

実はコマンドプロンプトやPowerShellを起動した瞬間に、目的のフォルダーをカレントにして開くことができます。

  1. 操作したいフォルダーをエクスプローラーで開く
  2. アドレスバーを選択する
  3. アドレスバーにコマンドプロンプトであれば「cmd」、PowerShellであれば「powershell」と入力し[Enter]キーを押下する
エクスプローラーのアドレスバーを確認する画像

すごく簡単ですがこれだけです。

この方法を覚えておくだけで作業効率が段違いになります。

覚えておいて損はないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました