【Windows】各種設定の一覧表示(GodMode)の使い方

Windowsで各種設定の変更や確認をしようとした時、いちいち設定画面やコントロールパネルを開いて順番にたどっていくのは面倒ではないでしょうか。

また、どこからどうたどればよいかわかりづらかったり、忘れたりすることもあると思います。

実は、そんな不満を解消する、各種設定を一覧表示させる方法があります。

スポンサーリンク

各種設定を一覧表示する「GodMode(神モード)」

その便利さからか、通称「GodMode(神モード)」と言われています。

(参考)Microsoftが付けている名称としてはレジストリを見て確認したところ「All Tasks(すべてのタスク)」が正しいと思います。

Windows7の頃から認知されだしましたが、それ以前から存在していた隠し機能で、開発者向けに各種設定へのショートカットを提供するものだったようです。

開発者に限らず、むしろ初心者こそわかりやすいので知っておくべき機能ではないかと思います。

フォルダーで作成する

どこでも構わないので、右クリックから[新規作成]-[フォルダー]で新規フォルダーを作成します。

デスクトップの右クリックメニューで「新規作成」のサブメニューを開いた画像

フォルダ名に

[任意の名前].{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

を入力します。

例)

GodeMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
フォルダー名を「All Tasks」のキー名に変更した画像

これで、アイコンがコントロールパネルと同じものに変更になりダブルクリックで各種設定の一覧が表示されます。

ただし、Windows10の途中のバージョンからアイコンだけで名前が表示されなくなってしまったようです。

フォルダーアイコンがコントロールパネルに変更された画像

名前がなくても構わないのであれば、この方法で問題ありませんが、名前も表示したいということであれば次の手順で作成してください。

ショートカットで作成する

どこでも構わないので、右クリックから[新規作成]-[ショートカット]を選択します。

デスクトップの右クリックメニューで「新規作成」のサブメニューを開いた画像

「ショートカットの作成画面」で

explorer.exe shell:::{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

を入力し[次へ]をクリックします。

「ショートカットの作成」画面で「All Tasks」のキー名を指定した画像

ショートカットの名前で好きな名前を入力して[完了]をクリックします。

ショートカット名をゴッドモードに変更した画像

このままだと、アイコンがエクスプローラーのものになっているため、コントロールパネルに変更する場合は右クリックで[プロパティ]をクリックします。

ショートカットの右クリックメニューの画像

[アイコンの変更]をクリックします。

ショートカットの「プロパティ」画面の画像

「このファイル内のアイコンを検索」に

C:\Windows\System32\imageres.dll

もしくは

C:\Windows\system32\shell32.dll

を入力し[Enter]を押下すると「下の一覧からアイコンを選択」に既定のアイコンの一覧が表示されるため、コントロールパネルのアイコンを選択して[OK]をクリックします。

「アイコンの変更」画面の画像

「プロパティ」画面で[OK]をクリックします。

ショートカットのアイコン変更後に[OK]を選択する画像

これでアイコンの変更も完了です。

ショートカットのアイコンがコントロールパネルに変更された画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました