Excelファイル保存時に注意すべきこと

Excelファイルは開くと、保存した時のカーソル位置から開かれます。

作業途中のファイルであったりすれば問題ないのですが、納品する書類や多人数で閲覧する資料に関しては、保存時にカーソル位置を気にしたほうが良いと思います。

基本的には、全シートのカーソル位置が左上の「A1」セルになっている状態で、アクティブシートが1シート目になっているとわかりやすくて良いと思います。

Excelの「A1」セルを選択している画像

もちろん場合によって変更すればよいとは思いますが、その資料で見せたい情報が開いたときに1番に確認できる状態が望ましいと思います。

スポンサーリンク

すべてのシートのアクティブセルを「A1」にする方法

方法はいくつかありますが、それぞれ利点と欠点があるので資料にあったやり方を実施してもらえれば良いかと思います。

ショートカットキーを使用する

シート数が少ない場合はショートカットキーを使用する方法が適していると思います。

Excelファイルを保存する前に右端のシートをアクティブにします。

Excelの右端のシートをアクティブにしている画像

[Ctrl]キーを押しっぱなしにしてから[Home]キーを押します。すると「A1」セルがアクティブになります。

Excelの「A1」セルがアクティブになっている画像

[Ctrl]キーは押したまま、今度は[PageUp]キーを押下します。するとアクティブシートが1つ前になります。

Excelのアクティブシートが1つ前になっている画像

このまま[Ctrl]キーを押しっぱなしにしたまま[Home]キーと[PageUp]キーを交互に連打するだけですべてのシートのアクティブセルが「A1」セルになり、アクティブシートが1番最初のシートになります。

Excelのアクティブシートが1番最初の画像

ただし「ウィンドウ枠の固定」を実施している場合はロックされていない部分の一番左上のセルになるため注意が必要です。

Excelの「ウィンドウ枠の固定」状態の画像

マウスを使用する

シート数が多かったり、ウィンドウ枠の固定がされている資料の場合に適しているかと思います。

どれでもかまわないので見出しで右クリックし、表示されたメニューから[すべてのシートを選択]をクリックします。

Excelのシートの右クリックメニューを表示した画像

すべてのシートが選択状態となっていることを確認し「A1」セルをクリックします。

Excelの全シート選択状態の画像

最後に1番最初のシートを選択します。

Excelのアクティブシートが1番最初の画像

マクロを使用する

シート数が多い資料の場合はマクロを使用する方法が適しています。

VBE(Visual Basic Editor)を起動します。

起動する方法がわからない場合は以下の記事をご覧ください。

次の内容をコピーします。

Option Explicit
     Sub A1_Select()
     Dim Ws As Worksheet
     For Each Ws In Worksheets
         Ws.Select
         Range("A1").Activate
     Next Ws
     Worksheets(1).Select
 End Sub

VBEで「ThisWorkbook」をダブルクリックし、開いた画面にコピーした内容をペーストします。

VBEにコードをペーストした画像

メニューバー下のツールバーにある[Sub/ユーザーフォームの実行]をクリックするか[F5]キーを押下します。

VBEで[Sub/ユーザーフォームの実行]をクリックする画像

この時、特に何も表示は変わりません。

VBEを閉じると1番最初のシート選択され、すべてのシートのアクティブセルが「A1」セルとなっています。

Excelの「A1」セルがアクティブの画像

この状態で保存すると以下のようなメッセージが表示されます。

Excelのマクロなしのブックとして保存する確認画面の画像

特にマクロを保存する必要はないので[はい]をクリックしてください。

まとめ

アクティブシートを1番最初にし、すべてのシートのアクティブセルを「A1」にする方法を紹介しました。

資料によってアクティブシートやセルが1番最初じゃない場合もあると思うので適宜読み替えて実行してもらえればと思います。

マクロに関しては赤マーカーの部分がセルを黄色マーカーの部分がシートを表しています。

シートに関しては最初から何番目かのシートかを数字で入力します。

Sheet3を指定する場合は以下のようになります。

Worksheets(3).Select

コメント

タイトルとURLをコピーしました