今日は付箋のバックアップとリストアについて紹介したいと思います。不意に付箋を削除してしまった場合等、誤動作に備えて、付箋をバックアップしたいと思うことがあります。私も何回か削除してしまったことがあり、後から困ったことがあります。

事前準備

付箋の本体は隠しファイルになっているため、まずは隠しファイルを見えるようにする必要があります。
※ 隠しファイルを削除したり変更したりすると、Windowsが正常に動作しなくなる場合があります。

Windows10

  1. タスク バーの検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [全てのファイルとフォルダーを表示] を選択します。
  2. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]にチェックを入れ[OK] をクリックします。

Windows8/8.1

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントしてマウス ポインターを下へ移動し、[検索] を選択します)。
  2. 検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [フォルダー オプション] を選択します。
  3. [表示] タブを選択します。
  4. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]にチェックを入れ、[OK] クリックします。

Windows7

  1. [スタート] ボタンを選択し、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ] の順に選択します。
  2. [フォルダー オプション]、[表示] タブの順に選択します。
  3. [詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]にチェックを入れ、[OK]の順にクリックします。

付箋のバックアップ

付箋のバックアップはファイルのコピーするだけです。好きな場所に保存しておけば問題ありません。

Windows10

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState」を開きます。
  2. 「plum.sqlite」ファイルをコピーし、任意の場所にペーストして下さい。
  3. 隠しファイルを非表示にします。事前準備で入れたチェックを外して下さい。

Windows10以外

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes」を開きます。
  2. 「StickyNotes.snt」ファイルをコピーし、任意の場所にペーストして下さい。
  3. 隠しファイルを非表示にします。事前準備で入れたチェックを外して下さい。

付箋のリストア

付箋のリストアはコピーしておいたファイルを元の位置に配置するだけです。
※付箋を復元するとその時点の付箋の内容は全て消えてしまうため、注意してください。

Windows10

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState」を開きます。
  2. 任意の場所に保管した「plum.sqlite」ファイルをコピーし、「LocalState」フォルダ内にペーストして下さい。
  3. 隠しファイルを非表示にします。事前準備で入れたチェックを外してください。

Windows10以外

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes」を開きます。
  2. 任意の場所に保管した「StickyNotes.snt」ファイルをコピーし、「Sticky Notes」ファルダ内にペーストして下さい。
  3. 隠しファイルを非表示にします。事前準備で入れたチェックを外して下さい。

付箋の移行

移行前のPCで付箋をバックアップし、移行後のPCで付箋をリストアすることで、PC間の付箋の移行も簡単にできます。ただし、Windows10以外のPCからWindows10に移行する場合は少し工夫が必要です。

Windows10以外からWindows10への付箋の移行

  1. エクスプローラで「C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Packages\Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe\LocalState\Legacy」を開きます。
  2. 「StickyNotes.snt」ファイルを「ThresholdNotes.snt」にリネームし、「Legacy」フォルダ内に配置する。
  3. 隠しファイルを非表示にします。事前準備で入れたチェックを外してください。