Excelの印刷プレビューを拡大して表示する方法

Excelの印刷プレビューを実施した時に、印刷プレビューの表示が小さく、細かいところがわかりづらくて困ったことはありませんか。

印刷プレビューは表示倍率100%までなら拡大して表示することができます。

Excelの印刷プレビューを拡大して表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

通常の印刷プレビュー(Backstageビュー)で拡大して表示する方法

Excel上で[ファイル]-[印刷]をクリックするかショートカットキーの[Ctrl]キー + [P]キーを押下するとBackstageビューで「印刷」画面が表示されます。

ペインには印刷プレビューが表示されていますが、1ページがExcel画面の大きさに合わせて表示されるため、細かい表だと細部まで確認できないことがあります。

その場合は、画面右下の[ページに合わせる]をクリックします。

Excelのバックステージビューで「印刷」を開いた画像

そうすると、表示倍率が100%となり拡大された状態で表示されるため、確認しやすくなります。

Excelのバックステージビューの印刷プレビューを拡大した画像

Excelの印刷プレビュー(全画面表示)で拡大して表示する方法

印刷する時は、通常(Backstageビュー)の印刷プレビューを使用したほうが、設定も簡単に変更できるので便利ですが、印刷の確認をするだけであれば「印刷プレビュー(全画面表示)」の方が便利です。

Excelで「印刷プレビュー(全画面表示)」とは言葉の通り、印刷プレビューを全画面で表示することが可能ですが、利用するには準備が必要です。

  1. Excelの左上にある[クリックアクセスツールバーのユーザー設定]をクリックし、開いたメニューから[その他のコマンド]をクリックします。
    クイックアクセスツールバーのメニューを開いた画像
  2. 「Excelのオプション」の「クイックアクセスツールバー」画面が表示されるため「コマンドの選択」で[すべてのコマンド]を選択します。
    クイックアクセスツールバーのカスタマイズで「すべてのコマンド」を選択する画像
  3. 左ペインにExcelで使用できるすべてのコマンドが表示されるため、その中から[印刷プレビュー(全画面表示)]を選択し[追加]をクリックします。
    クイックアクセスツールバーのカスタマイズで「印刷プレビュー(全画面表示)」を追加する画像
  4. 右ペインに[印刷プレビュー(全画面表示)]が追加されたことを確認し[OK]をクリックします。
    クイックアクセスツールバーのカスタマイズで「印刷プレビュー(全画面表示)」を追加された画像
  5. クイックアクセスツールバーに[印刷プレビュー(全画面表示)]が追加されます。
    クイックアクセスツールバーに「印刷プレビュー(全画面表示)」が追加された画像

これでクイックアクセスツールバー「印刷プレビュー(全画面表示)」アイコンをクリックすることによって印刷プレビューを全画面で表示することができるようになります。

「印刷プレビュー(全画面表示)」でも1ページがExcel画面に合わせた表示となっているかもしれませんが[印刷プレビュー]タブの[ズーム]をクリックするか

Excelの印刷プレビュー(全画面表示)の画像

印刷プレビュー画面にマウスポインターを合わせると、虫眼鏡のポインターに変わるので、クリックすれば表示倍率が100%となり拡大された状態で確認することができます。

Excelの印刷プレビュー(全画面表示)を拡大する画像

まとめ

Excelの印刷プレビューの拡大方法を紹介しました。ディスプレイが小さい場合や、印刷表示を確認しながら表を作る場合は、全画面表示をおすすめします。

拡大方法と言いながらも、表示倍率が100%より大きくならないことに納得いかない人も多いと思います。私も色々と調べてはみたものの、Excelの仕様で、印刷プレビューの拡大は100%が限界のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました