仕事で使用しているWebメールではファイル送信には上限サイズがありました。でも、上限サイズよりも大きいサイズのファイルを送りたいということが多々あります。その場合、ファイルを分割すれば問題ありません。

7-Zip等のツールを使えば問題なく分割できます。しかし、仕事で使用するPCにはツールインストールの制限がかかっている場合があります。その場合はWindowsの標準環境でどうにかしないといけません。

そこで、Windowsの標準環境で分割する方法を紹介します。

ファイル分割方法

使用するのはmakecabというコマンドです。
コマンドプロンプト上で下記のように入力し、実行すると使用方法が表示されます。
makecab

ちなみにこれは圧縮ツールなので、使用方法は単純に圧縮する場合の説明です。コマンドは2種類の使用方法があり、1つは圧縮元ファイルと圧縮先ファイルを指定して実行する方法で、もう1つは設定ファイルを使用した方法です。ファイル分割には設定ファイルを使用した方法で実行します。

まず下記を参考に設定ファイルを作成します。

設定ファイル(split.ddf) ※コメント部分は書かなくても問題なし。
; ddf ファイル内では「;」でコメントになる
; 分割後の名前。* に連番が入る
.Set CabinetNameTemplate=[分割後ファイル名を指定]*.cab
; cabファイルを配置するフォルダ名 ※カレントに配置するため指定しない
.Set DiskDirectoryTemplate=
; 分割後の1ファイルのサイズ(byte単位) ※512の倍数である必要あり
.Set MaxDiskSize=102400
; on にしないと分割されない
.Set Cabinet=on
; 圧縮する場合は on しない場合は off にする
.Set Compress=on
; 分割対象のファイル
C:SplitFile

設定ファイルの作成ができたら下記の様に実行します。
makecab /f split.ddf

ファイル結合方法

分割後のファイルは圧縮ファイルのため、普通に解凍することで結合が可能です。