休止状態とは

休止状態とはWindowsの動作を一時的に停止させる状態の1つで、メモリの内容をストレージに書き込み、ストレージやディスプレイ(ノートパソコンの場合)への給電を中止し、電源を停止します。通常より省電力で待機させておくことができます。

通常のシャットダウンを実施すると、起動時には内部装置の初期化やシステムの起動からやり直すため、操作できる状態になるまで時間がかかります。休止状態では起動中のプログラムやシステム等を終了させないため、操作できる状態に素早く復帰することができます。

スポンサーリンク

休止状態にする方法

休止状態を使用するためには、設定をオンにする必要がある場合があります。

設定をオンにした後は以下の記事のような方法で休止状態にすることができます。記事の内容はシャットダウンの方法について記載していますが、多くの方法は休止状態に読み替えて実施することができます。

その他の電源操作との違い

電源操作には他にスリープやシャットダウン、再起動等がありますが、以下の記事ではその違いについて説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました