タスクバーのカスタマイズ方法

Windowsの画面下にはタスクバーがあります。

タスクバーを確認する画像

特に気にせずそのまま使用しているのではないでしょうか。

タスクバーは色々とカスタマイズすることができます。

カスタマイズすることで格段に使いやすくなったりするので自分好みに変更してみましょう。

スポンサーリンク

タスクバーの設定画面を開く

タスクバーのカスタマイズをするには設定画面を使用することが多いため、タスクバーの設定画面の表示方法を覚えておきましょう。

右クリックから開く

タスクバーの設定画面は右クリックから簡単に開くことができます。

タスクバーの何もない部分を右クリックして、表示されたメニューから[タスクバーの設定]をクリックします。

タスクバーの右クリックメニューの画像

すると「タスクバー」設定画面が開きます。

「設定(タスクバー)」画面の画像

設定画面から開く

Windowsの設定画面からタスクバーの設定を開くこともできます。

別の画面を経由するため、少し手間ですが、Windowsの設定画面も使用することが多いので開き方を覚えておいた方が良いかと思います。

スタートメニューから[ギア(設定)]アイコンをクリックします。

スタートメニューの「設定」を選択する画像

もしくは[スタート(Windowsロゴ)]ボタンを右クリックして[設定]をクリックします。

アドバンストメニューの「設定」を選択する画像

設定画面が開いたら[個人用設定]をクリックします。

「Windowsの設定」画面の画像

「個人用設定」画面が開いたら左メニューの一番下にある[タスクバー]をクリックします。

「設定(背景)」画面で「タスクバー」を選択する画像

これで右クリックと同じように「タスクバー」設定画面を開くことができます。

「設定(タスクバー)」画面の画像
スポンサーリンク

タスクバーをカスタマイズする

タスクバーをロックする

「設定(タスクバー)」で「タスクバーをロックする」の場所を確認する画像

タスクバーを固定化する設定です。

既定では「オン」になっています。

オフにするとタスクバーの位置や高さを変更することができます。

タスクバーの何もないところをドラッグして移動すると横にしたり

タスクバーが横に移動した画像

上にしたりできます。

タスクバーが上に移動した画像

タスクバーとデスクトップの間にマウスカーソルを合わせてドラッグしながら動かすと高さを変えることができます。

タスクバーの高さが変更された画像

好きな位置や高さに変更したら、何かの拍子で変わってしまわないようまた固定しておけば良いかと思います。

タスクバーの固定は設定のオン/オフでも問題ないのですが、タスクバーの何もないところで右クリックした時に表示されるメニューから[タスクバーを固定する]をクリックすることでも可能です。

タスクバーの右クリックメニューの画像

チェックが入っていると固定され、チェックが入っていなければ変更することができます。

デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す

「設定(タスクバー)」で「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」の場所を確認する画像

デスクトップのタスクバーが自動的に隠れてくれる機能です。

オンにするとタスクバーが隠れて画面いっぱいを使用することができます。

タスクバーが隠れている画像

タスクバーは隠れているだけなのでタスクバー部分にマウスカーソルを合わせるとタスクバーが現れます。

隠れたタスクバーが表示された画像

タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す

「設定(タスクバー)」で「タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す」の場所を確認する画像

タブレット端末やタブレットモードの場合に有効な設定です。

デスクトップモードと同様にタスクバーが隠れた状態となります。

タスクバーの部分をスライドしたりすると表示されるようになります。

小さいタスクバーボタンを使う

「設定(タスクバー)」で「小さいタスクバーボタンを使う」の場所を確認する画像

「オン」にするとボタン1つ1つが小さくなりタスクバーの高さも低くなります。

タスクバーのボタンのサイズが変更された画像

タスクバーを隠したくないけれどできるだけ画面を広く使いたいという場合に有用だと思います。

タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンにマウス カーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする

「設定(タスクバー)」で「タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンにマウス カーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューする」の場所を確認する画像

「オン」にしていると、マウスカーソルをタスクバーの右端に合わせた時、画面に表示していたウィンドウが透明になりデスクトップ画面を見ることができるようになります。

「設定」画面が半透明となりデスクトップ画面が表示されている画像

[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロントをWindows PowerShellに置き換える

「設定(タスクバー)」で「[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロントをWindows PowerShellに置き換える」の場所を確認する画像

[Windows]キー + [X]キーで表示されるアドバンストメニューの「Windows PowerShell」をコマンドプロンプトに変更します。

詳細は以下の記事をご覧ください。

タスクバーボタンにバッジを表示する

「設定(タスクバー)」で「タスクバーボタンにバッジを表示する」の場所を確認する画像

「オン」にしているとバッジに対応しているアプリがタスクバーにピン留めされている場合に右下にアイコンが表示されます。

アラームだとベルのマークが表示されます。

タスクバーのボタンにバッジが表示されている画像

その他のアプリでメールなら新着の件数、天気予報の場合は「!」マークが表示されます。

表示が不要であれば「オフ」にしておけばよいと思います。

画面上のタスクバーの位置

「設定(タスクバー)」で「画面上のタスクバーの位置」の場所を確認する画像

タスクバーをロックするでドラッグで位置を移動できると記載しましたが、ドロップダウンリストで選択することで変更することもできます。

ドロップダウンリストの内容が表示されている画像

こちらはロックを解除しなくても実施できるので、位置だけを移動する場合はこちらの設定の方が向いています。

タスクバーボタンを結合する

「設定(タスクバー)」で「タスクバーボタンを結合する」の場所を確認する画像

タスクバーのボタンの状態を変更する設定です。

常に結合、ラベルを非表示

同じアプリが複数開いている場合でも、タスクバーのボタンでは「結合」して、1つだけを表示します。

タスクバーのボタンが結合されている画像

タスクバーに入りきらない場合

同じアプリを複数開いた場合は並べて表示され、タスクバーのボタンにその画面で何が開いているか「ラベル」が表示されます。

タスクバーのボタンがラベルありで表示されている画像

タスクバーに入りきらない数を開いた場合は結合されて1つに表示されます。

タスクバーのボタンがラベルありで結合されている画像

結合しない

「タスクバーに入りきらない場合」と同様に、同じアプリを複数開いた場合は並べて表示され、タスクバーのボタンにその画面で何が開いているか「ラベル」が表示されます。

タスクバーに入りきらなくなると「ラベル」がなくなり、アイコンのみの表示になります。

タスクバーのラベルが表示されず結合していない画像

また、それ以上に開くと2行になり、右端に行を切り替えるための操作バーが表示されます。

タスクバーのボタンが2行になっている画像

2行目は「ラベル」が表示された状態です。

タスクバーの2行目でボタンにラベルが表示されている画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました