タイマー設定でWindowsのシャットダウンを実行する

Windows10でタイマーを設定してシャットダウンしたいと思ったことはありませんか。

私はウィルスチェックが完了するのを待ってからや、Windows Updateのダウンロードが終わってからシャットダウンしたいなどと思うことがたびたびあります。

同じように思う方のため、Windows10でタイマーを設定してシャットダウンする方法を紹介します。

タイマー設定以外にもシャットダウンの方法は色々とあります。気になる方は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

タイマー設定でシャットダウンを実行する

タイマー設定でシャットダウンするのにも、指定時間後にシャットダウンする方法と、指定時刻にシャットダウンする方法の2パターンあります。

指定時間後にシャットダウン

指定時間後にシャットダウンするためにはコマンドの実行が必要です。

シャットダウンのコマンドを実行する方法には「コマンドプロンプト」「PowerShell」「コマンドを指定して実行」「ショートカット」「エクスプローラーのアドレスバー」等があります。

「指定時間後にシャットダウン」で使用するコマンド

時間を指定してコマンドを実行することで、指定時間後にシャットダウンを実行します。

操作内容コマンド
シャットダウンshutdown /s /hybrid /t XXX
完全シャットダウンshutdown /s /t XXX
再起動shutdown /r /t XXX
タイマーのキャンセルshutdown /a

XXX部分には時間(秒)が入ります。

コマンド例)10分後に完全シャットダウンを実施する

shutdown /s /t 600

シャットダウンと完全シャットダウンの違いを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

タイマーのキャンセル「shutdown /a」に関しては、実行したタイマー設定のシャットダウンをキャンセルします。

途中でシャットダウンをやめたくなった場合に実行することで、キャンセルすることができます。

「コマンドプロンプト」で実行する

スタートメニューから[Windowsシステムツール]-[コマンドプロンプト]をクリックします。

スタートメニューの「Windowsシステムツール」を開いた画像

「コマンドプロンプト」が起動するため、シャットダウンコマンドを入力して[Enter]キーを押下します。

コマンドプロンプトに10分後にシャットダウンするコマンドを入力した画像
「PowerShell」で実行する

[スタート]ボタンを右クリックし、アドバンストメニューから[Windows PowerShell]をクリックします。

アドバンストメニューの画像

「Windows PowerShell」が起動するため、シャットダウンコマンドを入力して[Enter]キーを押下します。

PowerShellに10分後にシャットダウンするコマンドを入力した画像
「ファイル名を指定して実行」で実行する

[Windows]キー + [R]キーを押下し「ファイル名を指定して実行」を起動します。

「ファイル名を指定して実行」画面の画像

「名前」にシャットダウンコマンドを入力し[OK]をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」に10分後にシャットダウンするコマンドを入力した画像
「エクスプローラー」で実行する

[Windows]キー + [E]キー等でエクスプローラーを起動します。

フォルダーの場所はどこになっていても問題ありません。

アドレスバーにシャットダウンコマンドを入力し[Enter]キーを押下します。

エクスプローラーの「アドレスバー」に10分後にシャットダウンするコマンドを入力した画像
「ショートカット」で実行する

ショートカットの作成方法は以下の記事をご覧ください。

シャットダウンコマンドを入力したショートカットを実行します。

指定時刻にシャットダウンする

指定時刻にシャットダウンする方法もあります。

指定時刻にシャットダウンするにもコマンドの実行が必要です。

シャットダウンのコマンドを実行する方法が「指定時間後」と異なり、タスクスケジューラで実行する方法になります。

「指定時刻にシャットダウン」で使用するコマンドとオプション

操作コマンドオプション
シャットダウンshutdown/s /hybrid /f /t 0
完全シャットダウンshutdown/s /f /t 0
再起動shutdown/r /f /t 0
「タスクスケジューラ」で実行する

[スタート]メニューから[Windows管理ツール]-[タスクスケジューラ]をクリックします。

スタートメニューで「Windows管理ツール」を開いた画像

「タスクスケジューラ」が開くため右側の「操作」にある[基本タスクの作成]をクリックします。

タスクスケジューラの画像

「基本タスクの作成」画面が開くため「名前」と「説明」を入力(「説明」はなくても良い)し[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で名前と説明を入力した画像

「タスクトリガー」が開くため、指定時刻にシャットダウンするスケジュールを以下の中から選択し[次へ]をクリックします。

  • 毎日
  • 毎週
  • 毎月
  • 1回限り

毎日を選択した場合

「開始」にコマンドを実行する日時を入力し「間隔」には何日間隔で実行するかを入力して[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で開始時間と間隔を入力した画像

毎週を選択した場合

「開始」にコマンドを実行する日時を入力し「間隔」には何週間隔で何曜日に実行するかを入力して[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で開始時間や間隔・曜日を入力した画像

毎月を選択した場合

「開始」にコマンドを実行する日時を入力し「月」に実行する月や日または曜日を入力して[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で開始時間や月・日を入力した画像

1回限りを選択した場合

「開始」にコマンドを実行する日時を入力し[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で開始時間を入力した画像

トリガーの設定が完了すると「操作」の選択画面となるため「プログラムの開始」が選択されていることを確認し[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面で「プログラムの開始」を選択した画像

「プログラム/スクリプト」にはコマンドを入力し「引数の追加(オプション)」にオプションを入力して[次へ]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」画面でシャットダウンコマンドを入力した画像

内容を確認し、問題なければ[完了]をクリックします。

「基本タスクの作成ウィザード」の要約画面で「完了」を選択する画像

これで指定した時刻に「スリープ状態ではない」かつ「サインイン状態」であればシャットダウンが実行されます。

スリープ状態でシャットダウンを実行する

スリープ状態でもタスクスケジューラでシャットダウンを実行するためには設定の追加が必要です。

1つ目はタスクへの設定追加です。

タスクスケジューラを開き「タスクスケジューラライブラリ」を選択すると作成したタスクが表示されているため、ダブルクリックします。

タスクスケジューラにシャットダウンのタスクが追加された画像

「プロパティ」画面が開くため「条件」タブを選択し「電源」にある[タスクを実行するためにスリープを解除する]にチェックを入れて[OK]をクリックします。

シャットダウンのタスクのプロパティ画面の画像

2つ目は電源設定です。

[スタート]ボタンを右クリック、または[Windows] + [X]キーを押下しアドバンストメニューを開き[電源オプション]をクリックします。

アドバンストメニューの画像

「電源とスリープ」画面が開くため、下のほうにある「関連設定」の[電源の追加設定]をクリックします。

「設定(電源とスリープ)」画面の画像

「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が開き、現在設定されている電源プランの[プラン設定の変更]をクリックします。

「コントロールパネル(電源オプション)」画面の画像

[詳細な電源設定の変更]をクリックします。

「コントロールパネル(プラン設定の編集)」画面の画像

「電源オプション」画面が開くため[スリープ]-[スリープ解除タイマーの許可]を開きます。

デスクトップパソコンでは「設定」のみですが

「電源オプション」画面でスリープを開いた画像

ノートパソコンでは「バッテリ駆動」の時と「電源に接続」の時の2パターン設定できます。

「電源オプション」画面でスリープ解除タイマーの許可を変更した画像

設定が[有効]となっていない場合は[有効]に変更し[OK]をクリックします。

「電源オプション」画面でスリープ解除タイマーの許可を変更した画像

これでスリープ状態でもシャットダウンが実行されます。

ちなみに休止状態では電源が落ちているのと同じ状態なためタスクスケジューラは実行されません。

サインアウト状態でシャットダウンを実行する

サインアウト状態でもタスクスケジューラでシャットダウンを実行するためには設定の追加が必要です。

タスクスケジューラを開き「タスクスケジューラライブラリ」を選択すると作成したタスクが表示されているため、ダブルクリックします。

タスクスケジューラの追加したタスクを選択した画像

「プロパティ」画面が開くため「全般」タブの「セキュリティオプション」で[ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する]を選択し[OK]をクリックします。

シャットダウンのタスクのプロパティ画面の画像

これでサインアウト状態でもシャットダウンが実行されます。

タスクスケジューラを無効/削除する

指定時刻のシャットダウンを一時的に止めたい場合はタスクを無効にし、不要になった場合はタスクを削除して下さい。

[タスクスケジューラライブラリ]で対象のタスクを右クリックし[無効]や[削除]をクリックします。

タスクスケジューラの準備完了状態のタスクの右クリックメニューの画像

無効になったタスクを再度動かす場合は対象のタスクを右クリックし[有効]をクリックします。

タスクスケジューラの無効状態のタスクの右クリックメニューの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました